コーディネーター紹介

プロフィール

ふりがな おくもと ゆたか
氏名 奥本 裕*
専門分野 育種学、遺伝学、植物病理学
所属(経歴) 摂南大学 農学部 教授
 

(経歴)
1982年~1990年京都大学農学部助手、1990年~2000年京都大学農学部講師、2000年~2007年京都大学農学部助教授、2007年~2010年京都大学大学院農学研究科准教授、2010年~2018年京都大学大学院農学研究科教授、2018年~2020年京都大学国際高等教育院教授、2020年~摂南大学農学部教授

メッセージ

イネやダイズの新品種育成には作物が野生植物から栽培化されて以来蓄積してきた遺伝的多様性と新たに生じる自然突然変異および誘発突然変異が重要な役割を果たしている。交雑育種を通じて、これらの遺伝的変異を自由に組み合わせるうえで重要な役割を果たしているのは、両親の染色体が対合したときに生じる乗換(Crossing Over)という仕組みである。この乗換頻度を自由に調整して、交雑育種で創り出せる遺伝的多様性を大きく増やすことを研究テーマとしている。