ニュース

平成22年度 九州沖縄農業試験研究推進会議 茶業推進部会研究会 兼 バイオリサーチネット課題別研究会「九州における多様な茶生産の現状と今後の展開」(9/29~9/30開催、佐賀)

日時

平成22年9月29日(水)13:00~9月30日(木)12:00

場所

佐賀県嬉野市産業文化センター3F(佐賀県嬉野市嬉野町 嬉野市役所嬉野総合支所)
現地検討・視察(紅茶生産農家・嬉野式手入り釜・嬉野大茶樹)

主催

九州沖縄農業試験研究推進会議茶業推進部会、九州バイオリサーチネット、農林水産省

内容

  1. 話題提供(講演)「売り手からみた日本の茶」
    LUPICIA取締役 新名 庸子
  2. 意見交換「日本でマイナーティーは生き残れるか」
    司会:根角厚司(九州沖縄茶業推進部会事務局長)
  3. 互評会 紅茶、釜炒り茶、その他の茶
  4. 総合討議
    紅茶の品質基準について、釜炒り茶等における今後の展開方向、競争的資金獲得に向けた今後の連携方針
  5. 紅茶生産者工場、釜炒り茶製造工場、嬉野大茶樹 視察

詳細

(独)農研機構・九州沖縄農業研究センターホームページをご覧下さい。

実施結果

  研究会は”九州で生産されるマイナーティーの可能性を探る“をテーマとして、各地で生産された紅茶、釜炒り茶、半発酵茶など集め互評会を行いました。また、現地視察では嬉野市の手炒りによる釜炒り茶製造の実演を視察しました。(参加者97名)

 

20100929-1(九州).jpg

 

20100929-2(九州).jpg

当日の様子