ニュース

セミナー「米が拓くバイオエタノールの世界-第2弾」(11/22開催、島根)

日時

平成22年11月22日(月)13:30~17:00 

場所

松江テルサ4階 大会議場(松江市朝日町478-18) 

主催

NPO法人中国四国農林水産・食品先進技術研究会 、農林水産省

内容 

1. 「バイオマス利活用政策の推進について」 

  農林水産省大臣官房環境バイオマス政策課 バイオマス推進室長 遠藤純也 氏

2. 「原料としての低コスト低投入超多収イネ栽培の可能性」 

  島根大学 教授 小葉田亨 氏

3. 「米バイオエタノール生産の最適化」 

  島根大学 教授 川向誠 氏

4. 「簡易型エタノール製造装置の開発」  

  しまねバイオエタノール研究会理事長 和泉敏太郎 氏

5. 「イネを原料としたバイオ燃料地域循環モデルの取り組みについて」 

  全農 営農販売企画部バイオマス資源開発室長 内海竜也 氏 

詳細

NPO法人中国四国農林水産・食品先進技術研究会ホームページをご覧下さい。 

 

実施結果

  石油資源の枯渇や高騰、温暖化に伴う炭酸ガスの急増など、植物を資源とする代替燃料の確保が喫緊の課題となっています。また、米の生産調整に伴う休耕田の増大も問題視される今、米を原料とした日本型バイオエネルギーの技術確立を図り、環境に優しいエネルギーと農業との共存・推進のため、先進的情報収集と地域での取り組みを議論しました。(参加者:61名)

 

1122中国四国セミナー1.jpg

 

1122中国四国セミナー2.jpg

当日の様子