ニュース

アグリ技術シーズセミナー -東日本大震災の復旧・復興に向け "農林水産技術は何をなすべきか?"- (6/20開催、東京)

日時

平成23年6月20日(月) 13:00~18:00

場所

三会堂ビル9階 「石垣記念ホール」 (東京都港区赤坂1-9-13) 

主催

(社)農林水産・食品産業技術振興協会、農林水産省

 内容               

1.開会挨拶
  農林水産省 農林水産技術会議事務局 研究総務官 藤本 潔 氏
2.基調講演「農林水産業の現場を我が国イノベーションの起爆剤に:マエカワの経験から」
  (株)前川製作所 常務取締役 川村 邦明 氏
3.「土壌リメディエーションへの道筋: 「IAEAチェルノブイリ報告」から学ぶもの」
  元農業環境技術研究所長、元筑波大学教授 西尾 道徳 氏                         
4.「次世代バイオマスエネルギーへの期待:藻油で新産業創出シナリオ」
  (株)筑波バイオテック研究所代表取締役社長、筑波大学名誉教授 前川 孝昭 氏
5.「草木バイオマスの活用: ガス化発電とメタノール製造によるエネルギー自給」
  長崎総合科学大学 客員教授、バイオマスエナジー社 CTO 坂井 正康 氏 
6.「施設園芸による6次産業化シナリオ: 省エネ・環境保全型ハウスの提案」
  (株)日設 取締役営業本部長 山平 学 氏             
7.「東北の食材は “機能性” の宝庫: 6次産業化シナリオのキー」
  東北大学大学院 農学研究科教授 宮澤 陽夫 氏
8.「健康を守る災害食の新たなパラダイムの提案」
  ホリカフーズ(株)執行役員取締役営業企画部長、新潟大学大学院客員教授  別府 茂 氏
9.質疑応答
10.「総括を兼ねて: シナリオ実現に向けたオープンイノベーションの展開」
     (社)農林水産・食品産業技術振興協会理事長  岩元 睦夫

 詳細

(社)農林水産・食品産業技術振興協会ホームページをご覧下さい。

実施結果

東日本大震災により未曾有な被害を受けた被災地の多くは農林水産業や食品産業を基幹産業とする地域が多く、これら産業の再建は地域社会経済の根幹に関わる最重要課題であります。その解決に向け農林水産技術が真に貢献するためには何をなすべきか、そのための今後の研究開発の展開方向はどうあるべきかをテーマに、7名の講演者により、いくつかのケースを取り上げて関係者の皆様と一緒に考える機会を提供することを目的にセミナーを実施しました。(参加者:約200名) 

 

  IMG_1408.jpg

セミナーの様子