ニュース

平成23年度課題別検討会「施設栽培における物理的方法による病害発生抑制技術~過熱水蒸気の活用に向けて」(11/29開催、愛知)

日時

平成23年11月29日(火)13:00~16:00 

場所

IMYビル6階 第2会議室 (名古屋市東区葵3-7-14 ) 

主催

NPO 法人東海地域生物系先端技術研究会、農林水産省 

内容

1.施設栽培における環境制御技術と病害発生抑制

  岐阜大学応用生物科学部 准教授 嶋津 光鑑 氏

2.施設栽培における小型還流ファン等による病害発生抑制技術

  宮城県農業・園芸総合研究所 近藤 誠 氏

3.施設栽培におけるトマトうどんこ病等の生態と静電気利用等による物理的防除法

  近畿大学大学院農学研究科 教授 豊田 秀吉 氏

4.総合討議 

詳細

NPO 法人東海地域生物系先端技術研究会ホームページをご覧下さい。

実施結果 

過熱水蒸気の施設栽培での利用に関する参考情報を得るために、第2回課題別検討会「施設栽培に減農薬によるおける物理的方法による病害発生抑制技術 ~過熱水蒸気の活用に向けて~」を開催しました。減農薬による農作物生産場面における安全性確保、および食品の消費者に対する安全性確保が課題となっている中で、本課題別検討会を開催しました。検討会には農業生産者、農業資材関連企業、東海4県および独法の関係者等が参加し、活発な質疑が行われるとともに、過熱水蒸気の病害発生抑制機能に関わる貴重な情報が得られました。(参加者28名)

 

1129過熱水蒸気.jpg

当日の様子