ニュース

セミナー「イチゴの挿し苗育苗と間欠冷蔵による花芽分化促進」(7/4開催、香川)

日時

平成24年7月4日(水)13:30~17:00 

場所

JA香川県 中央地区営農センター3F 大ホール(高松市下田井町367-1) 

主催

NPO法人中国四国農林水産・食品先進技術研究会、農林水産省 

内容

1.「空中採苗による挿し苗育苗技術」

     岡山大学農学部 教授 吉田 裕一 氏

2.「間欠冷蔵処理による‘さぬき姫’‘女峰’の花芽分化促進」

     香川県農業試験場 主席研究員 松崎 朝浩 氏

3.「間欠冷蔵処理時の冷蔵温度が‘さちのか’の開花に及ぼす影響」

     近畿中国四国農業研究センター 主任研究員 山崎敬亮 氏

4.「間欠冷蔵処理における品種適応性評価」

     奈良県農業総合センター 総括研究員 西本 登志氏

5.「間欠冷蔵処理の処理時期と処理回数が‘女峰’の開花に及ぼす影響」

     徳島県認定就農者(H24.3岡山大学大学院修了)尾崎 英治 氏 

6.質疑・意見交換
7.個別相談(競争的研究資金・共同研究など)

詳細

 NPO法人中国四国農林水産・食品先進技術研究会ホームページをご覧下さい。

実施結果

 イチゴ産地の課題である「無病苗の増殖・育成のための省力的技術」、並びに農水省の実用技術開発事業で開発中の「間欠冷蔵処理によるイチゴの花芽分化促進技術」の研究内容を公開し、現地での普及性や産地発展のための方策等について議論した。 (参加者154名)

 また、閉会後のコーディネーターや講師による個別相談では、8名が参加し、技術の解決、共同研究、競争的資金の応募、結果の普及状況などに対応した。

 

0704セミナー1.jpg  0704セミナー2.jpg

当日の様子