ニュース

セミナー「DNA判定技術の確立・普及と農産物のブランド戦略」(10/31開催、岡山)

日時

平成25年10月31日(木)13:30~17:00

場所

岡山コンベンションセンター 405号室 (岡山市北区駅元町14-1)

主催

NPO法人中国四国農林水産・食品先進技術研究会、農林水産省

内容

1.「農産物・食品の品種DNA判定技術の確立・普及と今後の展望」
   岡山大学大学院環境生命科学研究科 教授 田原  誠 氏
2.「現場での簡易DNA分離法と増幅法の開発」
   株式会社 ニッポンジーン 研究試薬部製品開発課 主任 土肥 伸岳 氏
  「現場での品種判定が可能なキットの開発」
   株式会社 ファスマック 代表取締役 布藤  聡 氏
3.「検査導入現場から見た DNA判定の必要性」
   マトハヤ・フーズコンタクト株式会社 代表取締役 的早 剛由 氏
4.個別相談(競争的研究資金、共同研究など)

詳細

 NPO法人中国四国農林水産・食品先進技術研究会ホームページをご覧下さい。

実施結果

食品表示や産地偽装が後を絶たない中で、本物を正確に伝える技法について研究者、企業、消費者等の関心も強く、現場で簡単に使えるDNA判定技 術の早期実用化が望まれてい る。DNA判定技術の導入でブランド力を高めようと、活発な議論があった。(参加者 36名、個別相談6件)

 

131031図1     131031図2

セミナーの様子