ニュース

平成27年度活力ある東北農業を創造するためのワークショップ「攻める農業、拓く未来、新しい東北農業の展開」(第2回)(7/3開催、福島)

日時

平成27年7月3日(金) 9:50~15:10

場所

福島県農業総合センター 大会議室  (福島県郡山市日和田町高倉字下中道116番地)

主催・共催

主催:岩手大学農学部附属動物医学食品安全教育研究センター
共催:東北地域農林水産・食品ハイテク研究会

内容

「放射能の可視化技術」

詳細

東北地域農林水産・食品ハイテク研究会ホームページをご覧下さい。

実施結果

東北地域農林水産・食品ハイテク研究会では、活力ある地域農業を構築するため、「活力ある東北農業を創造するためのワークショップ」を開催しています。
今回、岩手大学が主催した研修会「放射能の可視化技術」は、今後の東北農業の振興に貢献しうるものであったため、上記ワークショップの第2回と位置付け、共催機関として参画しました。
当日は、市町村等の行政職員をはじめ、農業関係者、食品事業者等、業務上放射能汚染問題への対応を行っている方を対象に、ガンマカメラの原理や使用方法、福島県農業総合センターの放射能汚染対策の実際等について、説明、現場実証が行われました。(参加者:15名)

 

150703WS図1     150703WS図2

ワークショップの様子

(左:研修会の様子・右:福島県農総セ圃場での現場実証の様子)