ニュース

平成27年度活力ある東北農業を創造するためのワークショップ「攻める農業、拓く未来、新しい東北農業の展開」(第5回)(10/28開催、岩手)

日時

平成27年10月28日(水) 13:00~17:00

場所

現地視察:農研機構果樹研究所リンゴ研究拠点試験圃場 (盛岡市下厨川字鍋屋敷92-24)
ワークショップ:農研機構東北農業研究センター 大会議室 (盛岡市下厨川字赤平4)

主催

東北地域農林水産・食品ハイテク研究会、農林水産省

内容

「果肉が赤いりんご品種とその将来性」
 1.話題提供
   ・「消費者と結びついたりんごの消費拡大」
     岩手県二戸農業改良普及センター 上席普及員 久米 正明 氏
   ・「果実が赤いりんご「ルビースイート」と「ローズパール」の特性」
     国立研究開発法人 農研機構果樹研究所リンゴ研究領域 主任研究員 岡田 和馬 氏
   ・「青森県におけるりんご赤肉品種と将来への期待」
     青森県板柳町ふるさとセンター りんご指導監 今 智之 氏
 2.グループ討議

詳細

東北地域農林水産・食品ハイテク研究会ホームページをご覧下さい。

実施結果

 活力ある地域農業を構築するために、地域で技術革新に取り組み、創意工夫しながら農業経営を展開している団体、個人、行政・研究等の方々が問題意識を共有し、その解決策を共に考え、新たな東北農業を拓くことを目的に、ワークショップを実施しました。
 今回は「果肉が赤いりんご品種とその将来性」と題し、はじめに果肉が赤いりんご「ルビースイート」と「ローズパール」を育成した農研機構果樹研究所リンゴ研究拠点の試験圃場を視察し、その後、赤いりんごの試食を行い、味・色等について意見交換を行いました。
 その後、会場を東北農業研究センターに移し、ワークショップを実施しました。岩手県二戸農業改良普及センター 久米上席農業普及員から「消費者と結びついたりんごの消費拡大」について、農研機構果樹研究所 岡田主任研究員から「果肉が赤いりんご『ルビースイート』と『ローズパール』の特性」について、青森県板柳町ふるさとセンター 今りんご指導監から「青森県におけるりんご赤肉品種と将来への期待」について話題提供をいただき、活発な意見交換が行われました。 引き続き話題提供をもとにグループ討議を行い、果肉が赤いりんごの将来性と活用法、また販売戦略等について活発な議論を行いました。(参加者:37名)

 

151028WS図1.jpg

試験圃場視察の様子