ニュース

「知」の集積と活用の場「産学官連携協議会(準備会)」の会員募集並びに設立会議の開催及び参加者の募集について

 農林水産省は、農林水産・食品分野に異分野の知識や技術を導入し、革新的な技術シーズを生み出すとともに、それらの技術シーズをスピード感を持って事業化・商品化に導き、国産農林水産物のバリューチェーンの構築に結びつける新たな産学連携研究の仕組み(「知」の集積と活用の場)づくりを行うこととしています。
 このため、本年5月から6回開催した「「知」の集積と活用の場の構築に向けた検討会」における議論を踏まえ、コンセプト・目指すべき姿や具体的なあり方等について、8月に中間取りまとめを行い、9月に公表しました。
 中間取りまとめでは、「知」の集積と活用の場は、i.産学官連携協議会、ii.研究開発プラットフォーム、iii.研究開発プロジェクト(コンソーシアム)の3層構造で構築することとしています。これを踏まえ、今般、産学官連携協議会(準備会)の会員募集を行うとともに、平成27年12月10日(木)にTKP東京駅八重洲カンファレンスセンターで同協議会(準備会)の設立会議を開催します。
 詳細は農林水産省ホームページをご参照下さい。