ニュース

「技術開発・成果普及等推進事業」の公募について

平成29年11月にTPP11が大筋合意したこと、また平成29年12月に日EU・EPAが交渉妥結するといった新たな国際環境の下で、我が国農林水産業・食品産業が持続的に維持・発展するためには、農林水産業の競争力を高めるための生産者の技術力向上が求められています。これに対しては、生産現場の技術課題に対応した技術開発を戦略的に推進することで、情報・人材等の研究資源の集中と効果的効率的な運用を図り、農林漁業経営体の技術力強化につなげていく必要があります。
この度、生研支援センターホームページに、ある作目又は営農類型に関し、研究・技術レベルの底上げを通じて委託研究等の効率的・効果的な推進に寄与するため、シンポジウム開催等による研究情報の共有、当該作目等の生産者が抱える課題の背景及びそれに対する技術開発状況を整理し、その解決のための技術開発・普及の展望をとりまとめる活動、「技術開発・成果普及等推進事業」の公募について情報が掲載されましたので、お知らせします。


 ■公募期間

平成30年6月6日(水)~7月5日(木) 12時00分


 ■公募説明会

日時:平成30年6月14日(木) 13:30~15:30
場所:中央合同庁舎第4号館12階 1219号室 (東京都千代田区霞が関3-1-1)
申込締切:平成30年6月13日(水) 10時00分
 ※「技術開発・成果普及等推進事業」提案公募に係る内容、契約に係る手続、提案書等について
  説明を行う公募説明会を開催されます。なお、説明会への出席は、義務ではありません。


 ※公募要領や提案書様式等、詳細は生研支援センターホームページをご参照下さい。