ニュース

「今後の九州農業を支える農作物品種の開発シンポジウム」(10/2開催、福岡)

日時

平成30年10月2日(火) 13:00~17:00

場所

九州大学西新プラザ2階 大会議室A (福岡県福岡市早良区西新2-16-23)

主催

九州バイオリサーチネット

内容

1.「業務用、加工用等の多収米品種の紹介」
   農研機構 九州沖縄農業研究センター 水田作研究領域
    稲育種グループ グループ長 竹内 善信 氏
2.「めん用・パン用小麦品種の開発の現状と課題」
   農研機構 九州沖縄農業研究センター 水田作研究領域
    小麦・大麦育種グループ グループ長 中村 和弘 氏
3.「ラーメン用小麦「ラー麦」の生い立ちから見る品種育成の肝」
   福岡県農業生産資材協会 事務局次長 古庄 雅彦 氏
4.「九州沖縄農業研究センターにおける大麦品種開発の現状と今後の課題」
   農研機構 九州沖縄農業研究センター 水田作研究領域
    小麦・大麦育種グループ 主任研究員 平 将人 氏
5.「九州向け大豆新品種の開発について」
   農研機構 九州沖縄農業研究センター 作物開発利用研究領域
    大豆・資源作物育種グループ 上級研究員 髙橋 将一 氏
6.「九州沖縄農農業研究センターでのソバ品種開発の現状と方向性」
   農研機構 九州沖縄農業研究センター 作物開発利用研究領域
    大豆・資源作物育種グループ グループ長 鈴木 達郎 氏
7.「栽培イチゴの重要形質に関するゲノム解析の現状と展望」
   福岡県農林業総合試験場 生産環境部
    バイオテクノロジーチーム チーム長 和田 卓也 氏
8.パネルディスカッション

詳細

九州バイオリサーチネットホームページをご覧下さい。