ニュース

平成30年度NPO法人東海地域生物系先端技術研究会第2回セミナー(11/28開催、愛知)

日時

平成30年11月28日(水) 13:00~17:00
 ※台風21号の影響により延期となった第2回セミナーの開催が決まりました。

場所

ウインクあいち 1003会議室 (名古屋市中村区名駅4丁目4-38)

主催

農林水産省 農林水産技術会議事務局 研究推進課産学連携室、NPO法人東海地域生物系先端技術研究会

内容

○林産部会
 「薬用植物由来ポリフェノールと生物活性」
   岐阜大学応用生物科学部応用生命科学課程 助教 山内 恒生 氏
○水産部会
 「愛知県のアサリ漁業と減耗要因の検討」
   愛知県水産試験場漁業生産研究所 主任研究員 松村 貴晴 氏
○食品部会
 「果実(柿等の規格外品)のペクチンを利用した介護用食品・機能性表示食品の開発」
   岐阜大学応用生物科学部 教授 矢部 富雄 氏
○作物部会
 「自家受粉が可能なニホンナシ新品種「なるみ」等のナシ品種育成の現状」
   農研機構 果樹茶業研究部門 品種育成・病害虫研究領域 上席研究員 齋藤 寿広 氏
○畜産部会
 「肉牛生産におけるSPAY(卵巣摘出術)のメリットと活用事例」
   モーモークリニック 院長 大久保 幸弘 氏

詳細

NPO法人東海地域生物系先端技術研究会ホームページをご覧下さい。

実施結果

産学官連携支援を目的として第2回セミナーを開催しました。当初9月4日に開催する予定でしたが、台風21号の影響により延期して開催したセミナーです。食品、作物、林産、畜産、水産の5部会から1課題ずつ講演していただきました。実用性、将来性等について活発な議論が行われました。(参加者:75名)

 

181128セミナー図1     181128セミナー図2

第2回セミナーの様子