ニュース

平成30年度アグリ技術シーズセミナー in 北陸「輸出競争力のあるお酒の開発に向けて -現状と課題、及び北陸での展開-」(1/10開催、石川)

日時

平成31年1月10日(木) 13:05~17:50

場所

金沢商工会議所会館 研修室1 (石川県金沢市尾山町9番13号)

主催

農林水産省 農林水産技術会議事務局 研究推進課産学連携室、(公社)農林水産・食品産業技術振興協会

共催

石川県食品技術研究者ネットワーク、石川県立大学

内容

【講演】
  1)ワイン
   「地域におけるワインづくりの現状と課題」
    高作 正樹 氏 (株式会社ハイディワイナリー 代表取締役社長)
  2)日本酒
   「海外における日本酒のニーズについて」
    吉田 守 氏 (株式会社小堀酒造店 代表取締役社長)
  3)シーズ発表
   「競争力のある醸造酒( ワイン、日本酒)づくりに石川県立大学ができること」
    三沢 典彦 氏 (石川県立大学 産学官連携学術交流センター長 教授)
    小栁 喬 氏 (石川県立大学 生物資源環境学部 食品科学科 准教授)
  4)ウイスキー
   「日本のウイスキー・クラフトディスティラリー」
    竹村 寿英 氏(ウイスキー文化研究所認定 ウイスキーセミナー講師)
【個別相談会】
  共同研究形成等に向けた連携相談、技術相談に講師やコーディネーターが対応致します。

   (セミナーにおいて紹介する内容に関するご相談以外にも、農林水産・食品分野の研究に関するご相談全般に
    対応致します)

【試飲会】

詳細

 公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会ホームページをご覧下さい。

実施結果

アグリ技術シーズセミナーは、農林水産・食品分野で新たな産学連携を推進するため、最新の研究情報等の発信を行うセミナーです。今回は「輸出競争力のあるお酒の開発に向けて -現状と課題、及び北陸での展開-」をテーマとして開催しました。酒づくりに関する技術シーズや、ワイン、日本酒、ウイスキーの開発・製造・販売・輸出等の取り組みなどについて紹介し、個別相談会、試飲会も行いました。参加者は54名で、個別相談会ではコーディネーターが3件の技術相談に対応しました。

 

190110セミナー図1

セミナーの様子