ニュース

「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト(うち先導研究プロジェクト)」の公募について

国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構生物系特定産業技術研究支援センター(以下「生研支援センター」という。)は、農林水産省が定める「農林水産研究基本計画」に則しつつ、民間企業、大学、国立研究開発法人、都道府県の試験場、地方独立行政法人等による生物系特定産業技術に関する研究開発を支援しています。
この度、生研支援センターでは、平成30年度補正予算のうち「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト(うち先導研究プロジェクト)」を実施するため、この事業で研究開発の実施を希望する研究機関等を一般に広く募ることになりました。
この事業への応募を希望される方は、生研支援センターホームページに掲載している「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト(うち先導研究プロジェクト)」の公募要領に従って提案書を提出してください。

事業の概要

我が国の農林水産業の競争力の向上を図るため、これを支える食品製造業における労働生産性を向上させる技術開発を緊急的に行うものであり、実施期間は2年とし、先導性、優位性が高い技術の「開発」に専念する提案を採択します。現地実証の実施及び既存技術の軽微な改良は、公募の対象とはしません。

公募期間

平成31年2月12日(火)~3月13日(水)15時00分まで

公募スケジュール(予定)

・平成31年2月12日(火)  公募開始
・平成31年3月13日(水)  公募締切
・3月下旬予定        面接審査
・平成31年3月29日(金)  採択結果公表 
・4月下旬          採択課題の決定・公表  
・5月以降          委託契約の締結

(注)スケジュールは、審査状況等により変更されることがあります。
   生研支援センターのホームページで随時ご確認下さい。

詳細

生研支援センターホームページをご覧下さい。