ニュース

「九州アグロ・イノベーション 2019」への出展(6/26・27開催、福岡)

日時

令和元年6月26日(水)・27日(木) 9:30~16:30

場所

マリンメッセ福岡 (福岡県福岡市博多区沖浜町7-1)

主催

一般社団法人日本能率協会

内容

九州アグロ・イノベーション 2019   http://www.jma.or.jp/ai/kyushu/

【九州バイオリサーチネットの展示概要】(共同出展者及び展示内容)
 ・農研機構 九州沖縄農業研究センター
  「イチゴ苗の病害虫を防除できる蒸熱処理防除装置の小型化」※
 ・森林研究・整備機構 森林総合研究所九州支所
  「三次元リモートセンシングによる木材生産林の現況把握に関する研究」
 ・九州工業大学
  「竹から複数の高付加価値製品を製造する「竹のカスケード利用」」
 ・熊本県農業研究センター
  「安価で簡単!製作できる土壌水分計」※
 ・ピーマン育種コンソーシアム 代表 宮崎県総合農業試験場
  「業務需要に適した多収性カラーピーマン新品種の育成」※
 ・鹿児島県大隅加工技術研究センター
  「高圧を主体とした耐熱性芽胞の殺菌処理方法」
 ・農林水産物の輸出促進研究開発プラットフォーム@九州・沖縄
  「農林水産物の輸出促進研究開発プラットフォーム@九州・沖縄 活動のご紹介」※
 ・株式会社サナス(鹿児島大学農学部と共同研究)
  「澱粉から生まれた1,5-アンヒドロ-D-フルクトース(1,5-AF) を含有する水飴状の製品「アンヒドロース®」」※
 ・株式会社ドリームワン カゴシマ
  「屋外用太陽光発電フィールドサーバー Dr.KAKASHI with Akisai」※
 ・九州バイオリサーチネット
  「九州バイオリサーチネットの紹介」※


※を付けた展示については、展示内容をクリックしていただくと当日の配布資料がダウンロード可能です(九州バイオリサーチネットのホームページにリンクを張っています)。

詳細

九州バイオリサーチネットホームページ内、主な活動をご覧ください。

実施結果

マリンメッセ福岡(福岡市)において開催された(一社)日本能率協会主催の九州アグロ・イノベーション2019に出展し、九州地域の大学・研究機関等の研究成果の紹介や九州バイオリサーチネットの取組等についてPRするとともに、中核型コーディネーター2名を配置し個別相談等の対応及び最新技術シーズの収集を行った。
会場全体で6,641名の参加があり、当ブースにも公設試、民間企業及び生産者等約400名の参加者があった。
当日は中核型コーディネーターや事務局長、事務局員が公設試、民間企業及び生産者等への説明や来客案内等を行った。
また、共同出展機関の各担当者(九州沖縄農業研究センター、森林総合研究所九州支所、九州工業大学、宮崎県総合農業試験場、鹿児島県大隅加工技術研究センター、(株)産学連携機構九州、(株)サナス)は個別展示品の製造、利用、効果等についての説明を行った(約60件)。

 

190626展示会図1    190626展示会図2    190626展示会図3

九州バイオリサーチネット展示ブースの様子