ニュース

グリーンテクノバンク てん菜研究会 第17回技術研究発表会(7/17開催、北海道)

日時

令和元年7月17日(水) 10:00~17:00

場所

北農ビル 19階 第2、3、4会議室 (札幌市中央区北4条西1丁目)

主催

農林水産省 農林水産技術会議事務局 研究推進課産学連携室、NPO法人グリーンテクノバンク

内容

1.技術研究発表会(一般講演)
2.特別セッション
  「適正な輪作体系の核となるテンサイ省力栽培技術について」
   オーガナイザー:辻 博之 氏(農研機構 北海道農業研究センター)

詳細

NPO法人グリーンテクノバンクホームページ及びグリーンテクノバンク・てん菜研究会ホームページをご覧下さい。

実施結果

技術研究発表会(一般講演)では、北海道大学大学院農学院の鹿俣陽平氏らの「ガーデンビート遺伝資源における維持系統遺伝子型同定の試み」など8課題の発表があり、特別セッションは、北海道農業研究センターの辻博之氏の司会で、「適正な輪作体系の核となるテンサイ省力栽培技術について」をテーマとして、池谷聡氏(道総研北見農業試験場)の「近年のテンサイ品種における直播栽培適性についての考察」など7課題の報告があった。テンサイの省力技術としての直播栽培で局所施肥により収量を維持したままで減肥料、雑草が抑制され畑作の輪作体系維持に貢献することが示された。糖業関係者、大学、研究機関、行政など153名が参加した。

 

190717研究会図1   190717研究会図2   190717研究会図3

当日の様子