ニュース

令和元年度農林水産省 ベンチャー/生産現場連携促進シンポジウム「農業における先端技術活用の加速化を目指してⅡ」(2/14開催、東京)

開催日時

令和2年2月14日(金) 13:00~16:50

場所

日比谷図書文化館 日比谷コンベンションホール(地下1F) (東京都千代田区日比谷公園1-4)

主催・事務局

主催:農林水産省 農林水産技術会議事務局 研究推進課産学連携室
事務局:公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会(JATAFF)

趣旨

農林水産業の強化を図るためには、今やICTやAI、ロボット等の先端技術は欠かせない存在となっています。このシンポジウムでは、農業における先端技術活用の有効性や課題を多面的に捉え、その加速化に向けたこれからの展望について論議を深めます。

内容

【第一部 生産者視点で捉える先端技術活用の営農への意義と課題】
 1)「葉物野菜のハウス栽培における高機能化の限界への挑戦」
    株式会社果実堂 代表取締役社長 高瀬 貴文 氏
 2)「土壌改良から見る、次の手立てスマート農業」
    有限会社尾藤農産 代表取締役 尾藤 光一 氏
 3)「ハウス内環境調節の創意・工夫から統合環境制御への発展的取り組み」
    内野農園 代表 内野 貴人 氏
 4)「農業分野へのIT導入支援実績を踏まえたスマート化の意義と課題」
    一般社団法人日本農業情報システム協会 専務理事 堀 明人 氏
【第二部 アグリビジネス展開支援事業の活動状況 / 前年度発表の続編!】
 1)「スマート農業時代における経営分析クラウドの実証活動の総括」
    テラスマイル株式会社 開発・プロジェクトリーダー 谷 奈津美 氏
 2)「ススマート農業時代における養豚経営支援システムの実証活動の総括」
    株式会社Eco-Pork 代表取締役 神林 隆 氏
【第三部 総合討論:農業における先端技術の活用を加速するための課題と方向性】
  ファシリテーター:NKアグリ株式会社 代表取締役社長 三原 洋一 氏

詳細

公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会(JATAFF)ホームページをご覧ください。