ニュース

「ムーンショット型農林水産研究開発事業」プロジェクトマネージャーの公募について

生物系特定産業技術研究支援センター(以下「生研支援センター」という。) は、民間企業、大学、国立研究開発法人、都道府県の試験場、地方独立行政法人等による生物系特定産業技術に関する研究開発を支援しています。生研支援センターは、ムーンショット型研究開発制度に基づき、「ムーンショット型農林水産研究開発事業」(以下「本事業」という。)を実施します。

本事業の実施に当たり、総合科学技術・イノベーション会議 (以下「CSTI」という。) が決定した6つのムーンショット目標 (以下「MS目標」という。) のうち、ムーンショット目標5「2050年までに、未利用の生物機能等のフル活用により、地球規模でムリ・ムダのない持続的な食料供給産業を創出」の達成に向け、農林水産省が挑戦的研究開発を推進すべき分野・領域等を定めた研究開発構想の実現に向けた研究開発プロジェクトを統括するプロジェクトマネージャーを公募します。

本事業への応募を希望される方は、生研支援センターホームページに掲載されている公募要領に従ってプロジェクト計画提案書を提出してください。

事業概要

1. 背景・目的
 CSTIにおいて、我が国発の破壊的イノベーションの創出を目指し、従来技術の延長にない、より大胆な発想に基づく挑戦的な研究開発 (ムーンショット) を推進することが決定されました。生研支援センターは、ムーンショット型研究開発制度に基づき、当該研究開発に係る業務を行う研究推進法人として、基金を設置し、CSTIが決定したMS目標の達成に向け、農林水産省が定めた研究開発構想の実現に向けた挑戦的な研究開発を推進します。

2. 事業内容
 本事業では、CSTIが決定したMS目標の達成に向け、農林水産省が定めた研究開発構想に基づき、様々な研究アイデアを結集した研究開発を実施します。本公募の対象とするMS目標及び研究開発構想は以下を参照してください。
1) MS目標
 本事業の目標は、「2050年までに、未利用の生物機能等のフル活用により、地球規模でムリ・ムダのない持続的な食料供給産業を創出」です。詳細は公募要領の別紙1を参照してください。
2) 研究開発構想
 研究開発構想には、MS目標達成に当たって想定される研究開発事例及びMS目標達成に向けた研究開発の方向性等が記載されています。詳細は公募要領の別紙2を参照してください。

3) 事業期間
 事業期間は、2020年度から、原則5年間とし、最大10年間とします。

公募期間

令和2年5月11日(月)~7月20日(月) 12時

詳細

生研支援センターホームページをご覧下さい。