ニュース

2020年度NPO法人東海地域生物系先端技術研究会 第2回セミナー(オンラインセミナー、9/24~30公開、愛知)

公開期間

令和2年9月24日(木) 13:00~ 30日(水)15:00 (オンライン公開予定日時)
※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、オンライン(講演動画の配信)で実施致します。

主催

農林水産省 農林水産技術会議事務局 研究推進課産学連携室、NPO法人東海地域生物系先端技術研究会

内容

 ・食品部会関係
  「無機系吸着剤による液状食品中の品質劣化タンパク質の除去」
   愛知県食品工業技術センター 発酵バイオ技術室 室長 近藤 徹弥 氏
 ・作物部会関係
  「接ぎ木の自動化装置の開発」
   グランドグリーン株式会社 代表取締役 丹羽 優喜 氏
 ・畜産部会関係
  「中山間地域におけるヤギを活用したビジネス創出の可能性と課題」
   岐阜大学応用生物科学部 教授 八代田 真人 氏
 ・林産部会関係
  「ニホンジカによる森林被害の防除手法の開発」
   愛知県森林・林業技術センター 主任研究員 石田 朗 氏
 ・水産部会関係
  「水産物の品質に関する研究 ~鮮度保持技術と魚類血中の品質劣化因子~」
   三重大学地域イノベ―ション学研究科 教授 青木 恭彦 氏

詳細

NPO法人東海地域生物系先端技術研究会ホームページをご覧ください。

実施結果

会場使用による対面のセミナーを中止し、Web開催とした。
Zoom+スライドショー+録画、Microsoft Teams+スライドショー+録画、pptスライドショー+録音+ビデオ化により作成された動画を9月24日~30日までの7日間、HP上で公開した。
作物、食品、畜産、水産、林産の5部会で動画による講演を行い。動画の時間は各20分程度とした。
視聴者総数は推定383名であった。リアル開催の参加者数の例年平均(約70名前後)に比べ5倍以上となった。