ニュース

「イノベーション創出強化研究推進事業」の令和3年度公募について

国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構生物系特定産業技術研究支援センター(以下「生研支援センター」という。)は、農林水産省が定める「農林水産研究基本計画」に則しつつ、民間企業、大学、国立研究開発法人、都道府県の試験場、地方独立行政法人等による生物系特定産業技術に関する研究開発を支援しています。
この度、生研支援センターでは、令和3年度予算で概算決定された「イノベーション創出強化研究推進事業」を実施するため、本事業で研究開発の実施を希望する研究機関等を一般に広く募ることになりました。
本事業への応募を希望される方は、生研支援センターホームページに掲載されている「令和3年度イノベーション創出強化研究推進事業(新規課題)」の公募要領に従って提案書を提出してください。
なお、本公募は、令和3年度予算政府案に基づいて行われているため、事業の実施は予算成立が前提となります。また、予算成立までの過程で公募要領等に変更があり得ることをあらかじめ御了承の上、御応募ください。

事業の趣旨

我が国の農林水産・食品分野の競争力を強化し飛躍的に成長させていくためには、従来の常識を覆す革新的な技術・商品・サービスを生み出す研究開発が必要です。
このため、農林水産省において、平成28年4月に、様々な分野のアイデア・技術等を導入した産学官連携研究を促進するオープンイノベーションの場として、「知」の集積と活用の場が創設され、イノベーション創出を重点的に推進することとされました。
このような状況を踏まえ、生研支援センターでは、従来の常識を覆す革新的な技術・商品・サービスを生み出していくイノベーションの創出に向け、「知」の集積と活用の場による研究開発を重点的に推進する提案公募型の研究開発事業「イノベーション創出強化研究推進事業」を推進することとし、公募により研究を委託します。

公募期間

令和3年1月12日(火)~2月12日(金)12時00分

募集する研究ステージ

○基礎研究ステージ
○応用研究ステージ
○開発研究ステージ

詳細

生研支援センターホームページをご覧ください。

※開発研究ステージ(現場課題解決型・実用化研究型)、開発研究ステージ(開発技術海外展開型) は、 1月6日掲載の様式から一部修正が行われております。生研支援センターホームページをご確認ください。