ニュース

NPO法人東海地域生物系先端技術研究会 2021年度第2回セミナー(ハイブリッド型セミナー、10/8開催、愛知)

日時

令和3年10月8日(金) 13:00~17:00

場所

ウインクあいち 1302会議室 (名古屋市中村区名駅4丁目4-38)

形態

ハイブリッド型(リアル開催 + Zoom Webinarによるライブ配信)
会場参加の定員は先着30名、Zoom Webinarによるライブ配信は定員100名
※今後のコロナウイルスの状況でZoom Webinarのみの開催になる場合があります。

主催

農林水産省 農林水産技術会議事務局 研究推進課産学連携室、NPO法人東海地域生物系先端技術研究会

内容

○食品部会
 「食の品質を決める微細な形について」
   岐阜大学 応用生物科学部 岩本 悟志 氏
○作物部会
 「生育・収量予測ツールによるトマト年間収量55t/10aの実現」
   三重県農業研究所 生産技術研究室 野菜園芸研究課 磯山 陽介 氏
○畜産部会
 「愛知県における名古屋種(名古屋コーチン)の育種改良」
   愛知県農業総合試験場 畜産研究部 中村 明弘 氏
○林産部会
 「外来種クビアカツヤカミキリに対する樹幹注入剤の有効性」
   森林総研 森林昆虫研究領域 砂村 栄力 氏
○水産部会
 「Iotを活用したスマート漁業への取り組み」
    (株)KDDI総合研究所 高橋 幹 氏

詳細

NPO法人東海地域生物系先端技術研究会ホームページをご覧ください。

実施結果

東海地域の産学連携支援の一環として、10月8日に第2回セミナーを開催しました。
開催はハイブリッド方式としました。会場開催はウインクあいちを会場とし、会場参加者は23名、オンライン開催はZoom Webinarでライブ配信し、参加者は79名でした。会場開催とオンライン開催合わせて102名の参加となりました。
講演は、食品、作物、畜産、林産、水産の5部会構成で5つの講演がありました。会場、Webともに活発な質疑応答がありました。

 

211008セミナー図2

Zoom Webinarの様子