ニュース

令和3年度「イノベーション創出強化研究推進事業(第1回緊急対応課題)」の公募について

生研支援センターでは、従来の常識を覆す革新的な技術・商品・サービスを生み出していくイノベーションの創出に向け、「知」の集積と活用の場による研究開発を重点的に推進する提案公募型の研究開発事業「イノベーション創出強化研究推進事業」を実施しています。

この事業では、年度途中に不測の事態が発生し、緊急に対応を要する研究課題が生じた場合は、「緊急対応課題」として研究対象が設定されることとなっており、この度、生研支援センターホームページに、緊急対応課題の公募について情報が掲載されましたので、お知らせします。

緊急対応課題

トマトキバガの防除対策及び効率的な調査手法の確立に向けた緊急研究

国内に侵入したトマトキバガの防除対策及び効率的な調査手法の確立のために必要な、以下の内容について研究する研究実施機関(研究グループ)を公募。

(1)試験を実施するための効率的な室内飼育法の確立
(2)薬剤感受性の解明
(3)日本における冬季の発生状況及び越冬可能性調査
(4)トマトキバガの中国、台湾等のアジア諸国における分布拡大経路、発生状況、防除状況等の情報収集

公募期間

令和3年12月17日(金)~令和4年1月5日(水)正午(厳守)

詳細

詳細は生研支援センターホームページをご参照ください。