ニュース

(公募予告)「戦略的スマート農業技術等の開発・改良」の公募について

生研支援センター(BRAIN)では、令和3年度補正予算「スマート農業技術の開発・実証・実装プロジェクト」における「戦略的スマート農業技術等の開発・改良」(以下「本事業」という。)を国から交付される運営費交付金により実施することを予定しています。生産現場のスマート化を加速するために必要な農業技術の開発及び改良を推進するとともに、スマート農業と連携しつつ、輸出拡大に貢献する栽培技術等の開発を推進するため、本事業で研究開発の実施を希望する研究機関等を一般に広く募ることになりました。

募集内容

①スマート農業技術の開発・改良
野菜・果樹・畜産等、スマート農業技術の開発が必ずしも十分でない品目や分野について、地域の企業(農業機械メーカーやICTベンダー等)、生産者、研究機関等が連携して行う、複数品目・作業に汎用的に活用できるスマート農業機械、栽培管理技術、営農支援モデル等の開発や改良を支援します。

②輸出拡大のための新技術開発
各作目における課題の解決のため、輸出拡大にも貢献し、国内外の新たな需要に応じた生産・供給量や品質の確保等に必要な病害虫対策や生産性、鮮度保持向上の確立等の技術開発を推進します。

事業の形態

委託研究

募集の時期

令和4年1月中旬~令和4年2月中旬

詳細

公募要領等の応募方法の詳細については、公募開始日に生研支援センターホームページに掲載されます。

府省共通研究開発管理システム(e-Rad)による応募を予定しています。
詳細は生研支援センターホームページをご覧ください。