ニュース

「イノベーション創出強化研究推進事業」の令和4年度公募について

生研支援センター(BRAIN)では、令和4年度予算「イノベーション創出強化研究推進事業」を実施するため、委託研究課題を公募します。
『「知」の集積と活用の場』からの提案など、異分野のアイデア・技術等を農林水産・食品分野に導入し、革新的な技術・商品・サービスを生み出す研究や、研究成果の迅速な実用化・事業化を図る実証研究を支援します。

事業の趣旨

我が国の農林水産・食品分野の競争力を強化し飛躍的に成長させていくためには、従来の常識を覆す革新的な技術・商品・サービスを生み出す研究開発が必要です。

このため、農林水産省において、平成28年4月に、様々な分野のアイデア・技術等を導入した産学官連携研究を促進するオープンイノベーションの場として「知」の集積と活用の場が創設され、イノベーションの創出に向けた取組が進められています。

このような状況を踏まえ、生研支援センター(BRAIN)では、『「知」の集積と活用の場』からの提案など、異分野のアイデア・技術等を農林水産・食品分野に導入し、革新的な技術・商品・サービスを生み出す研究や、研究成果の迅速な実用化・事業化を図る実証研究を支援する提案公募型の研究事業「イノベーション創出強化研究推進事業」を実施することとします。

公募する研究の内容

農林水産業・食品産業の発展や当該産業に係る新たなビジネスの創出につながる基礎・応用段階から実用化段階までの研究を対象とします。

革新的な研究シーズを創出する独創的でチャレンジングな基礎段階の研究を対象とする「基礎研究ステージ」、基礎研究等で創出された研究シーズを基にした応用段階の研究を対象とする「応用研究ステージ」、応用研究等の成果を社会実装するための実用化段階の研究を対象とする「開発研究ステージ」を設定するとともに、研究内容等に応じた以下の「型」を設けています。

 ○基礎研究ステージ(チャレンジ型・基礎研究型)
 ○応用研究ステージ(基礎研究発展型・産学連携構築型)
 ○開発研究ステージ(現場課題解決型・実用化研究型・導入等実証強化型・開発技術海外展開型)

公募期間

令和4年1月14日(金)~令和4年2月14日(月) 12時(正午)まで

詳細

公募の詳細については、生研支援センターホームページ(以下のURL)をご参照ください。
https://www.naro.go.jp/laboratory/brain/press/147402.html
https://www.naro.go.jp/laboratory/brain/innovation/H30/koubo/R04.html