ニュース

令和3年度アグリ技術シーズセミナー in 沖縄「沖縄の技術シーズを活かした地域産業活性化」(Zoomウェビナーによるオンライン開催、2/17、沖縄)

日時

令和4年2月17日(木) 14:15~17:00

形態

Zoomウェビナーによるオンライン開催

主催

農林水産省 農林水産技術会議事務局 研究推進課産学連携室、(公社)農林水産・食品産業技術振興協会

共催

沖縄農業研究会

内容

1.特別講演
 「スマート農業技術の開発・実証の進展」※
   住田 弘一 氏(農研機構 総括執行役 スマート農業事業推進室)
2.シーズ紹介
 1)「農水一体型完全陸上養殖の取り組み」※
    竹村 明洋 氏(琉球大学 理学部 教授)
 2)「耐風性に優れた園芸施設開発のためのネット(網)の活用」※
    玉城 麿 氏(沖縄県農業研究センター 農業システム開発班 上席主任研究員)
 3)「さとうきびスマート農業における非破壊センシングの活用」※
    平良 英三 氏(琉球大学 農学部 教授)
3.事業紹介
 「『知』の集積による産学連携支援事業における競争的研究資金の申請支援、コーディネート活動のご紹介」
   佐藤 龍太郎
   ((公社)農林水産・食品産業技術振興協会 産学連携事業部長、農林水産省産学連携支援コーディネーター)

※を付けた発表については、演題をクリックしていただくと当日の配布資料がダウンロード可能です。

詳細

(公社)農林水産・食品産業技術振興協会ホームページをご覧ください。

実施結果

アグリ技術シーズセミナーは、農林水産・食品分野で、新たな産学連携を推進するため、最新の研究情報等の発信を行うセミナーです。
今回、特別講演では「スマート農業技術の開発・実証の進展」について、シーズ紹介では沖縄県の研究機関が研究開発を進めている、今後の発展が期待される有望な技術シーズについて紹介しました。また、最後に 「知」の集積による産学連携支援事業におけるコーディネート活動について紹介しました。
新型コロナウィルス感染症拡大防止のためオンラインにより開催し、参加者は62名でした。