ニュース

【開催方法変更】「AIを身近で活用するスマート農業セミナー」(7/26、Zoomによるオンライン開催、熊本)

本セミナーは、7月26日(火)熊本市国際交流会館での開催を予定していましたが、新型コロナの感染拡大が再び生じていることから、開催方法をZoom利用によるオンライン開催に急遽変更し、下記により開催することとなりましたのでお知らせいたします。(2022.7.11更新)

日時

令和4年7月26日(火) 13:00~16:30

形態

熊本市国際交流会館ホール(6・7階)(熊本県熊本市中央区花畑町4-18)
Zoomによるオンライン開催

主催

農林水産省 農林水産技術会議事務局 研究推進課産学連携室、九州バイオリサーチネット

内容

1.「農業におけるAIの利用事例の紹介
   九州大学大学院 農学研究院環境農学部門 農業生産システム設計学研究室 教授 岡安 崇史 氏
2.「調査板のイネウンカ類を自動計数するAIの開発
   農研機構九州沖縄農業研究センター 兼 基盤技術研究本部 農業情報研究センター
   AI研究推進室 画像認識ユニット 高山 智光 氏
3.「Withコロナ対応型地域内新流通の構築とカンキツの計画出荷によるスマートフードチェーンの実証
   長崎県農林技術開発センター 果樹・茶研究部門 カンキツ研究室 室長 高見 寿隆 氏
4.「スマート農業とセキュリティ
   九州大学情報基盤研究開発センター 情報システムセキュリティ研究部門 教授 小出 洋 氏
5.総合討議

※演題をクリックしていただくと当日の講演要旨がダウンロード可能です(九州バイオリサーチネットのホームページにリンクを張っています)。

詳細

九州バイオリサーチネットホームページ内、主な活動をご覧ください。

実施結果

農業生産分野においては、人手に頼る作業や熟練者でなければできない作業が多く、省力化、人手の確保、負担の軽減が重要な課題となっていることから、AI・ICTやドローン等を活用して超省力・高品質生産等の新たな農業を実現するスマート農業の推進が図られております。このようなことから、スマート農業の社会実装を目指す様々な課題解決の一助とするため「AIを身近で活用するスマート農業セミナー」をオンライン(Zoom利用)で開催しました。
当日は、国立研究開発法人、公設試及び民間企業等から多数(90名)の参加がありました。各講師からは動画情報も加えて分かり易い内容での講演を頂きました。
また、参加者から、データの可視化、調査手法、AIで判別不能な事例、サイバーセキュリティ案件の事例等についての質問(7件)があり、各講師から具体的な事例を踏まえ分かり易い内容での回答がありました。

 

220726セミナー図1  220726セミナー図2

220726セミナー図3  220726セミナー図4

AIを身近で活用するスマート農業セミナーのZoomによるオンライン開催の様子