ニュース

「戦略的スマート農業技術の開発・改良」の公募について

生研支援センター(BRAIN)では、令和4年度補正予算及び令和5年度当初予算「戦略的スマート農業技術の開発・改良」を国から交付される運営費交付金により実施します。今般、生産現場のスマート化を加速するために必要な農業技術の開発及び改良について、本事業で研究開発の実施を希望する研究機関等の公募を実施することになりました。

事業の趣旨

高齢化等による担い手不足が深刻化する中、我が国の農業の成長産業化に向けては、ロボット技術やAI、IoT等の先端技術を活用した「スマート農業」の実現により、生産性向上や労働力不足の解消を図る必要があります。

このため、生研支援センター(BRAIN)は、令和4年度補正予算及び令和5年度当初予算「戦略的スマート農業技術の開発・改良」を執行するため、スマート農業技術・機器の開発が依然として不十分な品目や分野を対象に、生産現場のスマート化を加速するために必要な農業技術を開発・改良する提案について、公募を実施します。

公募期間

令和5年1月16日(月)~令和5年2月15日(水) 正午

公募説明会

提案公募に係る事項、契約に係る事務手続等について、オンライン説明会(Zoom)が実施されます。
 日時:令和5年1月23日(月) 13時00分~14時30分
    令和5年1月24日(火) 10時00分~11時30分

詳細は下記のページをご確認ください。
https://www.naro.go.jp/laboratory/brain/event/156527.html

詳細

公募要領等、公募の詳細については、生研支援センターホームページ(以下のURL)をご参照ください。
https://www.naro.go.jp/laboratory/brain/smart-nogyo/offering/koubo/2023.html